ロートアイアンのデザイナーのお仕事日記など


by cocot-house
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

失恋展

d0137398_1451167.jpg

こんにちは高橋です。

失恋。
色にたとえるなら、紫。
食べ物にたとえるなら、チョコレート。
失恋をしたらひたすら暗~く自分のカラに入り込み枝毛などを切って過ごし、
でもやっぱりストレス発散にはアウトレットモールとかで大量に靴を買いたい。
失恋の一曲は宇多田ヒカルの「SAKURAドロップス」


お料理ユニットのGomaさんの展示へ行ってきました。
少し前になるのですが、以前に行った初恋展の続きの展示で、
私の好きなイラストレーターさんの作品を見に行ったのがきっかけですが、
Gomaさんのあまりの可愛らしさにすっかり心を奪われ、
以降Gomaさんも何かとチェックをしているのです。

今回は愛するイラストレーターさんの作品も、
Gomaさんのカワイイ空間も色々見れるし、
あぁなんて楽しみなのっっ♪とドキドキしながら行ってきました。

GomaさんのHP→http://www.gommette.com/

失恋展→http://news.gommette.com/

きっとこんな雨の日だもの、あまりお客さんは居ないから、
Gomaさんの失恋レストランで何か食べよう♪などど考えアトリエに。

ドアを開けた瞬間にたくさんの靴。笑い声。
平日のかなり中途半端な時間だったのに大盛況でした。
アトリエの展示スペースの真ん中に6人か8人か座れるテーブルがあって
そこでお料理を食べたり、珈琲を飲んだりと出来るのですが満席。

初恋展の時には撮影OKだったのですが、
何かお知り合いとお話されてる所に撮影OKか聞くのもはばかれ、今回は撮影はあきらめました。
普通、ダメですしね。

そしてテーブルにたくさん人が座ってらしたので
後ろの方の展示はなんだか通るのが申し訳なく見れず。
ほんの数分。
でも見たかった作品は見れたので良かった。

失恋をテーマにした作品がたくさん展示してあって、
涙をイメージしてるのが多かったです。
形とか、色とか。
やっぱり涙なのですかね。

何か、自分でもし失恋をテーマにするなら靴かなぁなんて思ってまして。
私はあんまりブランドはこだわらず、アクセサリーは一切つけない(アレルギー)のですが
何がすきって靴が好きなんですね。
森の姉さんがよく高橋はデカイデカイと言ってますが、9cm以上のハイヒールが大好き。

大好きで、会いたくて、オシャレをして、
でももう会えない人。
何となく、靴なんですねイメージが。赤いブーツ。

私の好きな作家さんは電話をモチーフにかかれてて、
視線の先には、鳴らない電話というエピソード。
そういえば、恋愛って電話だなと思いました。

見つめますよね。電話。
待っちゃいますよね。


高橋が1番はじめに書いたような
失恋を色や食べ物なんかに例える作家さんへのインタビューも載っていて
思わずクスッと笑ってしまったり、あぁ分る!!と妙に親近感を感じたり。
さすがアーティストは個性的だと感心したり。

こんな風に有名な作家さんを身近に感じる機会って無いので
お好きな人が参加されてたら凄く得した気分になります。
薄暗い時間が失恋気分も盛り上がりオススメかもしれません。

写真はご自由にお持ち変えれる参加作家プロフィールと展示の1部のチョコレート。

妻飾り ネームプレート 看板 手すり 面格子 ネットショッピング はココット
南欧風 シンプルモダン ハワイアンからフレンチまで 埼玉で注文住宅を探すなら マルミハウジング

[PR]
by cocot-house | 2009-11-20 14:06 | エキシビジョン